305 :水先案名無い人[sage] 投稿日:2009-03-27 11:25:52 ID:vR2B7TaU0
平畠語録
結婚式で騒がれている時
「なんやかんやあの人が、凄く純朴でいい男性みたいにいわれてるらしいですけど、
あの人を知ってる人は皆この報道に呆れてますよ。あの人ほど裏表がある人っていませんよ。」
「ダイノジのオオチがエアギターの世界チャンプになったときに、何ていったと思います?
”おまえらみたいに、全く才能もないのに芸人になって売名にエアギターでたんやろ。
無芸のくせに13年も吉本に迷惑かけやがって。おまえらみたいな無能芸人がさっさと引退しないから、
俺が稼いだ金が、吉本にふんだくられるんや。才能もない、顔も悪い、俺だったら自殺してるわ。”

オオチが怒って、クサデカのロケで平ちゃんに言ったらしい。
元々、陣内嫌いだった平畠とオオチは、その他ラジオでは話せないような話題で盛りあっがったらしい。
平畠語録
「一応あの人俺より少しだけ先輩なんで、こんなこと言いたくないですけど、
(と前置きして)結婚してから、あの人の性根は輪を掛けて酷くなってますよ。
”平畠〜おまえ静岡で番組持ってるらしいやん、あんなド田舎でレギュラーもって
なさけなくないんか?静岡やで静岡wwwwww
と言われました。
あの人は、静岡に限らず地方でレギュラーもってると徹底的にコキおろすんですよ」
おまえの相方は、俺の嫁の相手役になったこともあるんやで。それに比べて
おまえは情けないのおww 何年もおまえの顔はTVで見たこと無いぞ。
氏んだとおもってたわい。暗い顔しやがって、あーあテンション下がるわ

平畠語録
”平畠〜おまえの顔あれに似てるな、あれ、あれ”とJさんに言われたんですよ。
Jさんは年下だけど一応先輩なんで”誰に似てはります?水氏体ですか?”と返したら
”そうそう!氏体や氏体!いやちゃうちゃうw あれやカンニングの氏んだ奴や。
あああってるな、氏体でwwww”
と言ったんですよ。
中島さんが亡くなってそう日にちも経っていなかったので、この発言にはあきれ返りましたわ。
近くにいたスタッフや、後輩の空気も凍り付きました。
あんなに非常識な人が先輩だなんて情けない」




306 :水先案名無い人[sage] 投稿日:2009-03-27 11:29:00 ID:vR2B7TaU0
・チュートリアル福田に対してのイジメ
・ラジオ番組でコンビで準レギュラーだったのに、何の説明もなく福田だけを降板させた(ソース:ゴーJ)
・本人がいる前で徳井に「解散しろ」「俺と組んだ方が面白い」等と言い、あげく
「お前なんていなければいい」と暴言を吐く。
・鳥取の営業で酔っ払った福田を後輩がドン引きするまでフルボッコ (ソース:ジャイケル)
・自分のお金で買った車なのに「お前みたいなもんがそんなのを買うなんて」と難癖をつけてネチネチ説教。
あまりの酷さにオール巨人師匠が止めに入る
(ソース:プラン9のデジマン、キョートリアル、ゴーJ※HPにも写真あり、なるトモ)
・横丁へようこちょ出演時、福田への歓声に「なんで福田にわくねん」と非難(それをラジオでも発言)
・ライブで福田を無視しようとしたが、会場の福田への声援に負け仕方なく発言を拾う(ソース:jin jin Live)
・徳井がイケメン5でプーケットに行った為、福田が一人で無限大90分やることを余儀なくされたが、
陣内は「福田は滑っていた」と失笑(しかし実際はYouTubeで1週間の再生回数7万回)
・その他様々なイジメにも相方の徳井は陣内に逆らえず見て見ぬふり。
・サバンナ八木に対してのイジメ
・ラジオでサバンナ八木が節約生活をしている事をケチと責め立て、高級時計購入やテレビ購入を命令。
最終的に100万使う事を約束させてリスナーに使い道を募集する(ソース:ゴーJ)
・八木をフルボッコして血まみれにさせ、それを武勇伝のように語る。
・ラジオで八木が話す時出る方言を八木語と言ってひどくバカにする。
これは八木だけでなく同じ言語を使うリスナーをもバカにしている(ソース:ゴーJ)




308 :水先案名無い人[sage] 投稿日:2009-03-27 12:11:29 ID:j4oYtvwm0
先輩が絶対的に偉い世界って、こういう酷いのが出てきちゃうものなんだろうな。
マジならよくぶん殴られないなこいつw他が大人なのか、それほど序列が絶対なのか。


309 :水先案名無い人[sage] 投稿日:2009-03-27 12:12:40 ID:x+DGUqiF0
吉本じゃよくあることなんだろうな


310 :水先案名無い人[sage] 投稿日:2009-03-27 12:59:21 ID:Vn6te9jT0
弟子殴りまくりのオール巨人に止められちゃう男の人って…



これ酷すぎだろ・・・。
先輩なら先輩らしく愛情をもって後輩の面倒をみるもの。
後輩が実績を残したり成功したら、先輩は心の底から誉めるべき。